テラヘルツシステム応用推進協議会

お知らせ

 

近年、情報通信分野において、周波数のひっ迫を緩和するとともに、新たな周波数需要に的確に対応するため、未利用の高周波数帯であるテラヘルツ帯の研究開発が必要とされています。また、電波によるセンシング分野においても、従来利用してきた周波数では観測が困難な対象のセンシングを可能とするため、テラヘルツ帯の研究開発が望まれています。

 

 このような状況を鑑み、テラヘルツ技術をもとにしたシステム開発を促進し、早期の社会展開・産業化を実現することを目指し、関連する機関の連携を深めながら、新たな技術開発や社会展開に向けた課題検討・政策提案、普及啓発活動、技術動向やユーザーニーズ動向の調査、研究開発成果をもとにした標準化活動、検査技術の検討等を通じて、テラヘルツ技術の総合的な推進を図ることが不可欠です。以上の趣旨に基づき、民間企業等が発起人となり、テラヘルツシステム応用推進協議会(会長:東京工業大学 安藤真 理事・副学長(研究担当))が平成27929日に発足しました。

 

各項目をクリックすると詳細ページへジャンプします。

 

協議会規約

入会について

「設立記念講演会」開催のお知らせ

新着情報

 本協議会設立を記念し、本年330日に設立記念講演会を開催します。本講演会では、専門家による電波政策または研究開発に関する最新の動向、テラヘルツ通信の現状と展望、テラヘルツ通信に関する標準化動向、協議会参加企業の活動などの講演を行います。

 

 研究者や専門家のみならず、多くの方のご参加を心からお待ちしております。

 

3/11 プログラムを更新しました。

3/16 プログラムを更新しました。

3/24 協議会規約、および、入会について、を掲載しました。

3/25 設立記念講演会の定員に達しました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

3/29 プログラムを更新しました。

3/31 設立記念講演会は盛況のうちに終了しました。たくさんの方のご来場ありがとうございました。