会 長 挨 拶

会長 佐藤 健一
 「超高速フォトニックネットワーク開発推進協議会」,Photonic Internet Forum(PIF)は2001年2月に発足し,本年(2016年)で15年の歴史を持つ協議会です。2016年5月に北山前会長の後を引き継ぎ,会長を引き受けさせて頂きました。会員の皆様にご挨拶申し上げます。
 本協議会が発足した当時と比べて通信を取巻く環境は大きく変化しています。Google, Facebook, Netflixなどのコンテンツプロバイダ/OTTのサービス,さらにはIoTの基盤を提供するフォトニックネットワーク技術は,ディジタルコヒーレント技術やOXC/ROADMを用いた光領域でのルーティングを広範囲に適用することにより飛躍的な発展を遂げて来ました。その間,先導研究や実用化に向けた研究開発において本協議会は大きな役割を果たして来たと考えています。その一方,新しい技術開発のスキームも変化しています。従来キャリアにとって帯域の提供は収益源で有り,その経済化・大容量化に向けてベンダとともに研究開発を担って来ましたが,現状では世界的に,よりサービスの領域に開発投資を向けるようになっています。キャリアのR&D投資の削減,コンテンツプロバイダの独自技術開発の環境下で,ベンダには絶え間ない価格低減プレッシャが働き,将来の競争力を生み出し或は現在の競争力を維持して行くための研究開発投資の困難性は増々拡大しています。一方,光ファイバの物理的制約による伝送容量拡大の低下,ムーアの法則に代表される半導体技術の進展の終焉が予測される中,次の世代の技術開発に向けた我が国の研究開発力の維持・強化は重要な課題と言えます。
 「超高速フォトニックネットワーク開発推進協議会」は,フォトニックネットワーク技術の研究開発に関して,民間企業や大学・研究機関,有識者,国等の関係者が幅広く集い,将来の研究開発の方向性や方策の検討,国内外の技術開発動向の調査研究,協議会のメンバー間の情報交流,広く一般への普及啓発,標準化への貢献等の活動を行い,我が国ひいては世界の情報通信技術の発展に寄与しようとするものであります。ここに皆様の積極的なご支援をお願い致します。