6.標準化ポータルサイト

最終更新日: アクセスカウンタ

 ご案内

 このサイトはPIF会員の皆様にフォトニックネットワーク関係の標準化に関する情報を提供するために、会員限定ページ内に2007年にオープン致しました。
 このサイトはPIFの活動に連動し、充実していく所存でございます。
 是非、皆様の活動にお役立てくださいますようご案内申し上げます。


掲載しているコンテンツはPIF会員限定で公開しております。
ご覧頂くには”ID”及び”パスワード”が必要です。
ご入用の方は下記までお問い合せください。

会員でない方は入会申込みをお願い致します。 →

 一般財団法人 テレコム先端技術研究支援センター内
 超高速フォトニックネットワーク開発推進協議会事務局
 〒162-0067 東京都新宿区富久町16-5 新宿高砂ビル
 TEL:03-3351-8155 FAX:03-3351-1624
 E-mail:  ※スパムメール対策のため、画像にしています
 担当:宇都




国際標準化
団体の紹介
標準化動向
の解説資料

 国際標準化団体の紹介

 このページでは、国際標準化団体の活動状況のご紹介をしています。リンクをご利用されますと、ITU−TやIEEEで策定された国際標準に関する文書等や、OIFで策定された各種インタフェースの仕様書などをダウンロードすることができます。
 また、光リンク分野・光アクセス分野・光ネットワーキング分野の各分野に対応した標準化ロードマップにより、国際標準化団体の活動状況を俯瞰することができます。

  

種別 解説  リンク 
ITU-T ITU-Tは、「国際電気通信連合 電気通信標準化部門」(「International Telecommunication Union Telecommunication Standardization Sector」)のことであり、通信分野の国際標準の策定を行っています。 ITU-T
Study Group 15(SG15) SG15は、アクセス網及び光技術のリードSGとして、伝送網、システム及び設備に関する以下の課題の標準化を行っています。
Q2「アクセス網」、Q3「光及びその他伝達網」、Q9「伝送網の切替・復旧」、Q10/Q11「伝送網のインタフェースなど」、Q12「伝送網アーキテクチャ」、Q13「網同期と時刻配信の品質」、Q14「伝送システムの管理と制御」など。
光リンク分野ロードマップ
光アクセス分野ロードマップ
光ネットワーキング分野ロードマップ
SG15
Study Group 13 (SG13) SG13は、従来のNGNを中心とした標準化から、将来網やクラウドコンピューティングなどの検討まで、活動の幅を広げています。
課題には、Q2「NGN-e(IoT含む)要求条件」、Q14「Service-aware Networking」、Q15「Data-aware networking」などがあります。
ITU-TにおけるSDNや網仮想化に関する標準化は、Q14での検討が中核になります。
光ネットワーキング分野ロードマップ
SG13
Focus Groups on Future Networks 将来ネットワークに関係する他団体やアクティビティとの協調と調和をとりつつ、将来ネットワークの検討状況を共有し、将来ネットワークに関するグローバルな共通理解を形成する目的で、SG13の下に将来ネットワークに関するフォーカスグループであるFG-FNを設立しました。2009年から2010年までの約1年半の活動の成果は、現在のSG13に引き継がれています。
光ネットワーキング分野ロードマップ
FG-FN
Full Service Access Network(FSAN) 将来の光アクセスネットワークに関する標準化内容の議論を行っている会合であり、結果はSG15 Q2へ投稿します。
G.983(B-PON)、G.984(G-PON)、G.987(XG-PON)等の標準化を行ってきました。現在、G.989(TWDM-PON)が2015年に完了予定で進められています。
光アクセス分野ロードマップ
FSAN
イベントカレンダー 今後ITU−Tで予定されている会合や会議、セミナー、シンポジウムなどのスケジュールが掲載されています。Group欄およびTitle欄を参照してください。 Meeting Schedule
標準文書 ITU-T勧告された国際標準の文書のうち、フォトニックネットワークに関係するGシリーズの文書を掲載しています。掲載のpdf.文書はダウンロード・印刷が可能ですが、Word.文書はTIESアカウントが必要(ITU-Tメンバー限定)です。 G Series
OIF OIF(Optical Internetworking Forum)は、IPネットワークとフォトニックネットワークの間の物理的及び論理的インタフェースの仕様策定を行い、マルチベンダ環境での相互運用可能な製品とサービスの開発及び広報活動による市場開拓を行うことを目的として設立されたフォーラムです。これまで100Gb/s長距離光モジュールや高速な電気インタフェースの実装仕様、ITU-T ASON(Automatically Switched Optical Network) UNI/ENNIの仕様策定等を進めてきました。現在、次期100Gb/sや400Gb/sに関連する光モジュールや高速電気インタフェースの技術仕様の検討、SDN for Transport networkの技術仕様の検討等を進めています。
光リンク分野ロードマップ
光ネットワーキング分野ロードマップ
OIF
実装仕様 各種インタフェースの仕様書は、「OIF Implementation agreements」であり、右記のURLからダウンロードできます。 Implementation Agreements
IETF IETFは、「インターネット技術タスクフォース」(「Internet Engineering Task Force」)のことであり、インターネット技術全般の標準化を策定する組織です。IETFにおける技術仕様はRFC(Request For Comments)として、広くインターネットを通じて参照することがでます。光ネットワーキングに関連するWorking Group(WG)には、Routing Area配下のCCAMP (Common Control and Measurement Plane)やPCE (Path Computation Element)、TEAS (Traffic Engineering Architecture and Signaling ) WG等があり、GMPLS(Generalized multiprotocol label switching)拡張やPCEP拡張等を進めています。また、SDN/NFV関連は、I2RS(Interface to the Routing System)やIRTF(Internet Research Task Force)などで議論されています。
光ネットワーキング分野ロードマップ
IETF
ONF ONFは、「Open Networking Foundation」のことであり、ユーザ主導の団体として技術的・市場啓蒙的な取り組みを通じて、Software-Defined Networking(SDN)とその基盤技術の早期普及並びに商用導入に向けた規格化の検討をしています。SDNの中核技術となるOpenFlowの仕様策定もONFが実施しています。
光ネットワーキング分野ロードマップ
ONF
IEEE IEEEは、「米国電気電子学会」(The Institute of Electrical and Electronics Engineers)のことであり、有線LANや無線LANなどを含む広範な電気電子技術の国際標準の策定を行っています。 IEEE Standards Association
IEEE 802.3 802.3 Working GroupはEthernet関係の標準化を進めています。10M Ethernetの標準化に始まり,100M, 1G,10G,40G, 100Gと高速化が続いています。また、Ethernetベースの光アクセスシステムの標準化も行われています(G-EPON、10G-EPONなど)。
光リンク分野ロードマップ
光アクセス分野ロードマップ
IEEE 802.3
IEEE 802.3av 802.3av Task Forceでは10G EPONの標準化を行いました(2009年9月に標準化完了)。
光アクセス分野ロードマップ
10G-EPON
IEEE 802.3ba 802.3ba Task Forceでは40G Ethernet/100G Ethernetの標準化を行いました。40Gと100Gが同時に標準化され、両者ともマルチレーン伝送のアーキテクチャが導入されました(2010年6月に標準化完了)。
光リンク分野ロードマップ
IEEE 802.3ba
IEEE P1904 (SIEPON) IEEE P1904 Working GroupではG-EPON及び10G-EPONにおけるシステムのサービス相互接続運用のための管理仕様(Interoperability) の標準化が行われています。
光アクセス分野ロードマップ
SIEPON
標準文書 IEEE 802標準は802.3 Ethernetをはじめとして無償で入手可能です。一方、過去の標準やドラフトは購入する必要があります。 802 Starndards