Thank you for your access.

第107回テレコム技術情報セミナー
“ テラヘルツ計測の最新動向 〜社会実装を見据えて〜 ”

区切り線

 当センターでは、情報通信に係る先端的技術の普及促進を目的として技術情報セミナーを継続的に開催しております。今回は、テラヘルツシステム応用推進協議会 技術検討部会との共催で、“テラヘルツ計測の最新動向 〜社会実装を見据えて〜”をテーマとして技術情報セミナーを開催いたします。
 テラヘルツとは、100GHz〜10THzの周波数である電磁波領域(テラヘルツ帯)を指し、近年の研究開発の進展に伴い、テラヘルツ帯の電磁波を新たな計測・大容量通信やイメージング等で利用する可能性が注目されています。一方で、広帯域のテラヘルツ帯を有効利活用して装置間の接続性や他システムとの共用を担保するためには国際的な標準化の推進が重要となります。
 このセミナーでは、「テラヘルツ分光技術ならびにパルス発生・検出技術等の研究開発動向」に関する講演(2件)、「テラヘルツ帯の固定・移動通信への275-450GHzの周波数特定(国際標準化)」に関する講演(1件)、テラヘルツ時間領域分光法(THz-TDS:Terahertz Time-Domain Spectroscopy)の議論を深めるためのパネルディスカッション(1件)を予定しております。なお、Prof. Aydin Babakhaniの講演は英語による海外からの講演となります。
 テラヘルツ計測の研究開発の最前線および社会実装に向けた取り組み、国際標準に関する最新の審議結果を把握できるまたとない機会です。また、普段はテラヘルツとはあまり関係のない方々も、実用化の進展が期待されるテラヘルツに触れられる貴重な機会です。多数の皆様のご参加をお待ちしております。また、周りの方々にもお声がけいただけますと幸いです。



過去のセミナー開催実績は下のボタンをクリックするとご覧いただけます。
過去の実績へ


問合せ先: 一般財団法人テレコム先端技術研究支援センター(SCAT)
事業部 牧野、宇都
Tel: 03-3351-8153  Fax:03-3351-1624
e-mail:
(スパムメール対策のため、メールアドレスを画像にしています)


ダウンロード用ちらし(192KB)

1.日  時: 令和2年2月28日(月)9時30分〜11時55分
            (受付開始:9時15分)
2.会  場: 一般財団法人テレコム先端技術研究支援センター(SCAT) 2階 会議室
(新宿御苑前駅 大木戸門出口より 徒歩約8分)
〒162-0067 東京都新宿区富久町16-5 新宿高砂ビル
<会場地図>
3.プログラム(予定):
09:30-09:35 主催者挨拶
矢吹 義明
一般財団法人テレコム先端技術研究支援センター 常務理事
09:35-09:40 共催挨拶
永妻 忠夫 氏(テラヘルツシステム応用推進協議会 技術検討部会 部会長)
大阪大学大学院 基礎工学研究科 教授
09:40-10:10 講演1
『 テラヘルツ分光装置の社会実装に向けた研究開発動向 』
渡邉 紳一 氏
慶應義塾大学 理工学部 物理学科 教授
>>>講師略歴
講演概要 テラヘルツ分光装置は薬剤検査や半導体検査などの分野で実用化が進んでいる。一方、テラヘルツ分光装置のさらなる社会実装を進めるためには新たな応用分野開拓が必要である。また、半導体デバイスなどの導入によって、装置の低価格化を目指すことも重要である。講演では、テラヘルツ分光の応用事例についての最近の研究開発動向を紹介する。特に、筆者が行っている高分子材料の非破壊検査応用を紹介し、新たな応用事例を社会実装するための課題について、筆者の体験をもとに考察したい。
10:10-10:40 講演2
『 2019年世界無線通信会議における275GHz以上の規則改定について 』
小川 博世 氏
情報通信研究機構 テラヘルツ研究センター 客員研究員
>>>講師略歴
講演概要 2015年世界無線通信会議で275-450GHzの周波数範囲で陸上移動・固定業務アプリケーションに周波数帯を特定するWRC-19議題1.15が決定された。2016-2019年のITU-R研究会期において関連WPによる研究が行われ、その結果が2019年世界無線通信会議で議論され、275GHz以上の無線通信規則の一部が改訂された。本講演では、これまでの経緯も含めて規則改定の内容について報告する。
10:40-11:00 休憩(海外講師の講演準備)
11:00-11:30 講演3
『 Fully Electronic Generation and Detection of Broadband THz pulses and Their Applications 』
Prof. Aydin Babakhani
ASSOCIATE PROFESSOR,
ELECTRICAL AND COMPUTER ENGINEERING,
University of California, Los Angeles UCLA, USA
Abstract Traditionally femto-second lasers and photo-conductive antennas are used to produce broad-band THz pulses with picosecond duration and spectrum ranging from 100GHz to 1THz. Although these systems have a lot of applications including THz Time-Domain Spectroscopy (THz-TDS), their use has been limited due to the cost, size, and complexity. Furthermore, these systems have poor frequency resolution around 10s of MHz.
In this talk, I will present our work on a laser-free fully electronic pulse source and detector technology that covers the entire range from 30GHz to 1.1THz with frequency resolution of 2Hz. I will also present a THz micro-Doppler and a spectrometer based on our THz pulse source and detector technology.
11:30-11:50 パネルディスカッション
『 テラヘルツ時間領域分光法(THz-TDS)に対する電子デバイス開発のインパクト 』
パネラー: 永妻 忠夫 氏(大阪大学)
 渡邉 紳一 氏(慶應義塾大学)
 深澤 亮一 氏(スペクトルデザイン)
 齋藤 伸吾 氏(情報通信研究機構)
11:50-11:55 閉会挨拶
笠松 章史 氏 (テラヘルツシステム応用推進協議会 幹事長)
情報通信研究機構 未来ICT研究所 フロンティア創造総合研究室
上席研究員 兼 副室長
4.定   員: 70名
5.参 加 費: 無料
6.締   切: 2月26日(水)17時
但し、定員になりましたら締め切らせていただききます。
7.申込方法:
  • SCAT Web会員の方
    SCATホームページ(http://www.scat.or.jp/index.html)より会員ページへログインしていただき、イベント情報より申込フォームへアクセスしてください。

  • FAX(03-3351-1624)でのお申込み
    申込用紙ダウンロード(seminar_entry.doc)
    申込用紙に必要事項を記入の上、お申込ください。一枚で4名様までお申込みいただけます。
    E-mailにて受付の連絡をいたします。
    FAXでのお申込でメールアドレスが不明の場合は連絡できませんので、必ずメールアドレスをご記入ください。
8.講演資料: 講演資料は、会場でのWi-FiによるPDFファイルのダウンロードにて展開いたします。
PCまたはタブレット等をお持ちの方はご持参ください。

区切り線