情報通信研究開発交流フォーラム(SCATフォーラム)
情報提供サービス

- 2016年 6月15日(水) - No.16034

◇ 今週のお知らせ ◇

----------------------------------------------------------
1.無線通信の誕生120周年を記念する期間限定アマチュア無線局が、
  6月25~26日に横須賀リサーチパーク(YRP)から2日間限定で
  オンエアします。

    http://hp.jpn.org/JR1YPU/8n120ict.html
----------------------------------------------------------

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、東京都小金井市)および
アンリツ株式会社(神奈川県厚木市)に勤務するアマチュア無線家有志らは、
「無線通信研究アニバーサリーアマチュア無線記念局リレー実行委員会」
を結成し、無線通信の誕生120周年を記念する期間限定のアマチュア無線局
(コールサイン8N120ICT)を、昨年12月に開局しました。

 来たる6月25日(土)~26日(日)の2日間限定で、ICT関連の研究開発
拠点が集積する横須賀リサーチパーク(YRP、神奈川県横須賀市)において、
同記念無線局を運用することになりました。

 電波を使って離れた地点間で情報伝送を行う無線通信技術は、1895年に
イタリアのマルコーニが世界で初めて実用的な実験に成功し、翌1896年に
イギリスで最初の特許を出願したことが、その歴史の始まりとされています。
我が国の無線通信の歴史は、現在のNICT等の前身である逓信省電気試験所が、
1897年(明治30年)に初めて実験に成功したことに始まるとされています。
 従って1895年から97年にかけては、世界および日本において無線通信が
誕生した時期であり、今年2016年はそれから120周年の中心的イヤーと
なります。

 今回の記念局運用は、横須賀リサーチパークアマチュア無線クラブ
(コールサインJN1YRP)、並びに施設を管理する(株)横須賀テレコム
リサーチパークのご協力を得て、YRPセンター1番館の屋上に仮設アンテナ
を立てて、2日間限定でオンエアをするものです。当日は、YRP進出企業各社、
NICT、アンリツ(株)、日本無線(株)、横須賀に本拠地のある国立研究開発法人
海洋研究開発機構(JAMSTEC)などに所属するハイレベルの無線家たちに加えて、
無線従事者の資格をとったばかりの小学生たちも参加し、次世代の育成にも
寄与する活動となる予定です。全国・全世界の多数のアマチュア無線家との
交信が期待されます。

◆横須賀リサーチパーク(YRP)における無線通信誕生120周年記念局
 8N120ICT運用

運用日時: 2016年6月25日(土)午後~26日(日)夕方 雨天決行
      (無線設備の設置調整に要する時間により、
       無線局運用時間は前後する場合があります)
運用場所: YRPセンター 1番館 1階ロビー・無線室
      (神奈川県横須賀市光の丘3-4)
運用協力: 横須賀リサーチパークアマチュア無線クラブ
      (コールサインJN1YRP)
           (株)横須賀テレコムリサーチパーク
           YRP研究開発推進協会

【お問い合わせ】
無線通信研究アニバーサリーアマチュア無線記念局リレー実行委員会 
 代表  滝澤 修 
  e-mail   jr1ypu-webmaster(a)hp.jpn.org
       (スパムメール対策のため、@を(a)と表記しています)
  Webサイト  http://hp.jpn.org/JR1YPU/8n120ict.html
Topへ戻る