情報通信研究開発交流フォーラム(SCATフォーラム)
情報提供サービス

- 2017年1月13日(金) - No.17001

◇ 今週の情報 ◇

=========================【官公庁:記事一覧】=========================

1.「多言語音声翻訳システムの利活用実証に係る実施団体」の公募

   総務省は、あらゆる人にとって使いやすい多言語音声翻訳システムの
  実現に向けて、平成27年度より地域における利活用実証を実施している
  ところですが、このたび平成29年度の利活用実証の実施団体を平成29年
  3月3日までの間公募しますので、お知らせいたします。

  発表日:平成29年1月5日
  問合先:総務省 情報通信国際戦略局 技術政策課 研究推進室
  出 典:総務省ホームページ
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000196.html

2.M2M等専用番号の創設

   M2M等専用番号として020番号帯を御利用いただく制度が本年1月1日
  から始まりました。

  発表日:平成29年1月4日
  問合先:総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部
      電気通信技術システム課 番号企画室
  出 典:総務省ホームページ
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban06_02000056.html

3.モバイルサービスの提供条件・端末に関するガイドラインについての
  意見募集の結果

   総務省は、「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針(案)」
  の策定及び「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」
  の改正について、平成28年11月19日(土)から同年12月19日(月)まで
  の間、意見募集を行いましたので、その結果とともに、ガイドラインの
  策定等について公表します。

  発表日:平成29年1月10日
  問合先:総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部 料金サービス課
  出 典:総務省ホームページ
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban03_02000404.html

4.BS・東経110度CSによる4K・8K実用放送の業務等の認定に係る電波監理
  審議会からの答申

   総務省は、BS・東経110度CSによる4K・8K実用放送の業務及び東経110度
  CSによる4K試験放送の業務の認定について、電波監理審議会に諮問し、
  原案を適当とする旨の答申を受けました。

  発表日:平成29年1月11日
  問合先:総務省 情報流通行政局 衛星・地域放送課
  出 典:総務省ホームページ
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu11_02000081.html

5.「AI開発ガイドライン」(仮称)の策定に向けて整理した論点に関する
  意見募集

   総務省情報通信政策研究所は、平成28年10月から「AIネットワーク社会
  推進会議」を開催し、「AI開発ガイドライン」(仮称)の策定に向けた
  国際的な議論の用に供する素案の作成に関する検討を進めています。
   今般、同推進会議における議論に基づき整理した論点に関し、平成29年
  1月31日(火)までの間、意見を募集します。

  発表日:平成28年12月28日
  問合先:総務省 情報通信政策研究所 調査研究部
  出 典:総務省ホームページ
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000054.html

6.NHK職員による受信料着服への対応

   総務省は、日本放送協会(以下「協会」という。)が平成29年1月10日に
  公表した横浜放送局職員による着服について、受信料収入によって成り立つ
  協会に対する国民・視聴者の信頼を著しく損なうものと言わざるを得ず、
  放送法の趣旨に照らし、協会に対し、厳重に注意するとともに、再発防止策
  の報告等を要請しました。

  発表日:平成29年1月12日
  問合先:総務省 情報流通行政局 放送政策課
  出 典:総務省ホームページ
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu07_02000131.html
Topへ戻る